収益物件について

 収益物件を今後の老後のためにとお考えの方は多いのではないでしょうか?収益物件とは、アパートや賃貸マンション、テナントビルなどの不動産を購入して、一定の家賃収益を得ることを目的としたことを収益物件と呼びます。収益物件を目的として不動産を購入することを不動産投資というのですが、収益を目的として購入するケース以外にも老後の生活や相続対策といったことのために収益物件を利用する人が最近は増えてきました。人それぞれによって目的が違い、またその目的によって選択する物件もさまざまです。収益物件は、どれだけ利益を得ることができるかが重要なポイントとなるため、収益物件をお考えなら将来的に利益が見込める物件を選ぶ必要があります。そこで当サイトでは、収益物件のポイントや収益物件に関する知識をご紹介しています。また当サイトに記載されている内容は個人で収集した情報となりますので、誤った記述がされている可能性があります。その点はご了承いただき、もし誤った内容が記載されていた場合はご一報頂ければ修正致します。このサイトを通じて、仙台の不動産・賃貸・マンション情報などの収益物件に関する情報が何かのお役に立てればと思います。

収益物件の考え方

 収益物件の目的は、将来のことを考えた利回りの良い分件を購入することにあります。そのため、物件の購入金額があまりに高いと逆に運用に支障をきたす可能性があります。実際安定した収入を得るためには、物件選びがとても重要なポイントとなります。物件を購入しても入居者がいなければ、安定した収入を得ることはできません。毎月の維持費が年々圧迫し、逆に破産してしまう可能性もあるのです。そうならないためにも、物件選びは慎重に行いましょう。まず、物件を選ぶ際、新築物件と中古物件を比較してお話したいと思います。

■新築物件を考える

 収益物件として新築の物件を考えた場合、まず中古物件よりも購入価格が高くなってしまうといった点が挙げられます。これは新築なので、仕方のないことです。その分、清潔で設備の充実したお部屋を提供できると思うのですが、新築物件は建つまでに時間がかかってしまうのも難点です。また、建設中は当然ながら収入を得ることができません。「新築」といった付加価値で、始めのうちは高い賃料でも入居してくれると思いますが、それ以降は入居者にとって「新築」という価値が薄れていきますので、高い賃料だと入居者が減ってしまう可能性があります。そうなった場合、賃料を低く設定する必要が出てきます。

■中古物件を考える

 収益物件として中古物件を考えた場合、新築物件と比べて購入価格が比較的安いという長所があります。それに、すでに建設済みの物件なのですぐに入居者を迎え入れることができます。このことから、安定した収入が得られやすいといえるでしょう。ただし、中古物件の場合は築年数が古ければ古いほど、建物の劣化も大きくなります。リフォームの必要性は当然出てきますので、購入する際はなるべく内装がきれいに整った物件を選ぶようにしましょう。狙い目としては築10年前後の物件を選び、立地条件も整った物件が収益物件としては将来的にも安定した収入が得られると物件だと思います。

 このように新築物件と中古物件を比較してみると、中古物件を購入する方が安定した収入を得るためには無難な選択だと思います。新築物件の購入をお考えなら、その必要性と収益が見込めるかどうかを十分検討された上で購入した方が良いでしょう。どちらが収益物件として将来的に適しているのかは一概に言えませんので、それぞれの状況に合わせご購入されることをお勧めします。

Favorite

浅草で宴会にぴったりの屋形船を紹介しています。

屋形船 浅草

陰山泰成が現代医学についての講演会を行いました。

陰山泰成

必要最低限で費用をかけないシンプルなお葬式を推奨しております。

家族葬儀

2017/8/31 更新

Copyright (C) 2008 安心の収益物件. All Rights Reserved.