収益物件の利点

 収益物件の利点は、さまざまなものがあります。恐らく、すぐ思い浮かぶのは「利回り」ではないでしょうか。利回りとは、投資した元本に対してどれだけの割合で収益が得られるかといったものです。しかし、収益物件の利点はそれだけでなく、物件売却でのキャピタルゲインや税金の相続税対策などさまざまな利点があるのです。このページでは、収益物件の利点についてご紹介したいと思います。広島 賃貸の豊富なアルファーランドでは探して見ましょう。

預貯金の利子よりも利回りが高い

 現在の預金の金利を皆さんはご存知でしょうか?今は約0.1%の金利となっているのです。もし、1億を銀行に預けたとしても1年間で100,000万の利子しか付かないということになります。バブル崩壊から安定期に入った今となっては、銀行の預貯金の金利は無いに等しいということなのです。そう考えると、ただ預金しておくのはあまりにももったいないですよね。そのお金を収益物件に回せば、1年間で100,000万以上の収益を得ることができるというわけです。それに預金利息が低ければ、収益物件を購入すためのローンの金利も当然低いということです。この低い金利だからこそ、それを逆手に取って収益物件に利用するのです。

 低い金利状態が続いている今の世の中、そう上手く利回りが得られるような金融商品がないのに対して、不動産の価格は下落する一方です。今なら中古のマンションでは200~300万円の値段で購入することも可能です。低いリスクで高い収益を得る、まさに収益物件は「ローリスク・ハイリターン」と呼ぶに相応しいのではないでしょうか。低い金利でコツコツお金を貯めるよりも、収益物件で今後の将来設計をする方が現実的なように感じます。

check

柳内和幸のページ
http://togetter.com/li/992989
美容室 原宿
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111524/

2016/11/15 更新

Copyright (C) 2008 安心の収益物件. All Rights Reserved.