新築・中古の収益物件を選ぶなら

 「トップページ」にて、新築・中古物件の考え方をご紹介しましたが、もし実際新築・中古物件を収益物件として購入するならどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?このページでは、新築・中古物件の選び方についてそれぞれご紹介しております。広島 賃貸なら新築も中古も揃っていますのでおススメです。

新築で収益物件を目指す

 新築物件を購入する利点としては、まず最新の設備が整っていることです。入居者としても、設備が最新であるなら快適に生活を送ることができると思うでしょう。それに「新しい」ので、そう簡単に不具合が起こることもありません。新築物件を購入したら、当分は設備の修理などの修繕費用は発生しないと考えても大丈夫です。欠点としては、どうしても建物の相場が中古と比べると高いため、賃料も高く設定せざるおえない状況になってしまうことです。あまりに高いと、入居者が入らないかもしれません。そうなると、賃料を下げる必要性も生まれてきます。

 収益物件の条件として立地条件は基本的なことですが、その建物が建つ建設予定地も十分な調査を行わなければいけません。周辺のビルやマンションにひび割れなどはありませんか?その建設場所は、道路と比較してみて不自然な段差が見られたりしませんか?地下水脈が走っていたり多くの水気を含んだ土壌に建設しようとしていないかなど、この先大きな影響を及ぼすような場所なら避けた方が無難です。また、新築物件を建設する場合、建設会社には何社かに見積もりを出してもらい価格を比較してみるのも必要です。その相場は妥当なものか、管理やフォローはどう対応してくれるのか、範囲はどこまでかなどさまざまな視点から各建設会社を比較して吟味すると良いでしょう。

recommend

最終更新日:2017/4/12

Copyright (C) 2008 安心の収益物件. All Rights Reserved.